読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮植譚~クレウエタン はてな支部

暮植譚~クレウエタン 暮らしに植わる言説 https://kureuetan.com のサブブログです。こちらは雑記メインで書き綴ります。

部活動と聞いて…私の黒歴史を打ち明けます。

f:id:kureuetan:20170427012246j:plain

今週のお題、部活動と聞いて、私の中学時代の黒歴史を思い出しました。

ちょうど今、部活を選ぶ時期でしょうから、若い人の参考になればと思って書いておきます。

黒歴史となるもう一つの部活動

今、中学時代の部活動は何でしたかと聞かれば、躊躇することなく、「陸上部」と答えます。

しかし、実は、陸上部に入る前のほんの2ヶ月弱ほど、所属していたもう一つの部活動があったのです。こんにち、私の口からはまず出ることのない、履歴書に書くこともない、私の黒歴史

それが、バスケットボール部

予想外の大きな誤算

そうです。入学して一番最初に入部したのは、バスケットボール部でした。

バスケ部に入った理由は、体育の授業でプレーしていて、楽しかったし、ゴールもそこそこ決めてたから、なんとかなるかなと思って、というとっても適当な理由。

普通は、そういう適当な理由がきっかけで部活に入る人はたくさんいるだろうし、それで全然問題ないんだと思う。でも、私の場合は違っていました。

私の通っていた中学校は、近隣の3つの小学校出身者が通う学校でした。そのうちの一つA小学校には、課外活動として行われるスポーツチームがありました。それが、ミニバス、と呼ばれるバスケットボールのチームだったのです。私の通っていたB小学校にもジュニアチームはありましたが、女子の場合はバレーボールチームのみ。バスケットチームはなかったのです。

部活で底辺のカースト

どういうことかと言いますと、中学校のバスケ部に所属しているのは、小学校のころからミニバスをやっている精鋭軍団の人たちばかりだったのです。

当然ながら、新入部員なのに、プレーのキレが違う。ボールをパスする音なんかも、プロっぽい。体育の授業でかじった程度の私なんか歯が立たない。

もちろん、A小学校以外の出身者でバスケ部に入部したのは私だけではありませんでした。そして、皆が皆、弱小で居心地も悪そうだったけど、人間関係が上手い人たちは、プレーが下手なわりにも、先輩や同期とも上手くやっていたのです。

しかし、人間関係が下手だった私はドツボにハマった。普通に、集団で浮いたのです。

そんな小学校からのミニバスの精鋭が集う私の中学校は、市内でも1、2位を競う強豪チームだったために、練習量もハンパなかったです。平日はもちろん、土日祝日、いつも練習。休みはなし。1000メートル走のタイムが1ヶ月で30秒早くなったほど、練習はキツかった。

練習内容も、上級者がやるような練習ばかりで、私がやるともうミスる、ミスる、それを誰彼からも怒鳴られる、怒鳴られる。

しかも先輩後輩の上下関係がキツくて、先輩が絶対崇拝の神みたいになってました。人生、後にも先にもここまで上下関係の厳しい集団は見たことありません。

 

何この罰ゲーム?生まれて初めて受けた痛い洗礼でした。

同級生も、ストレスたまってるのか、その捌け口がプレーの下手な私に向けられました。あからさまに無視されるし、練習の最中に耳元で、

「アンタ、何やってるの?本当に、それでも頭がいいわけ」

なんて毒づかれる。

私が頭がいいなんて、誰が言いだしたんだか知らないけど、根拠のないことがあれこれ付け足されて、陰口の対象になっているようでした。今でいうカーストの最下位ってやつです。

学校へ行くのが憂鬱に

学校へ行くのが本当に憂鬱になりました。

部活には、休みはない。授業の後、毎日ある。部活に行っても、ミスるだけ、怒鳴られるだけ、ハブられるだけ。

そういう時というのは、周りが見えなくなります。こういう環境でこれからもずっと生きていかなければならないの、と追い詰められてしまうのです。

今になって思えば、「嫌なことを我慢して続ける」という根性が、大人になってからの日本の社畜精神を形成しているんじゃないかとさえ思います。

救いの道

そんなブルーな気分がマックスの時に私を救ってくれたのは、母と、もう一人のバスケ部の女子部員でした。

母は一言。

「そんな部活やめちゃいなさい」

そっか、辞めるっていう選択肢があったんだ、と改めて気づいたのです。周りが見えなくなるとそんな選択肢さえ存在することが分からなくなってしまいます。

さらに、私と同じように、初心者で部内で同じくハブられてた子の一言。

「私、バスケ部やめて、陸上部に行くことにしたよ」

なぜ、その子が陸上部にしたのかは分かりません。足の早い子だったのかもしれません。でも、その時の私は藁をもつかむ思いで、彼女に続いたのでした。

5月も終わりのこと。バスケ部に入部してから2ヶ月近くが経過していました。たった2ヶ月だったのに、本当に本当に長かった。

そして、陸上部は、バスケ部に比べたら天国だった。めっちゃ楽しかった。良い友達もたくさんできたし、あのとき、部活を変えて本当に良かったと思っています。

私から言いたいこと

今はちょうど、中学や高校や大学や、新入生の子たちが、部活やサークルを選ぶ時期ではないかと思います。そんな方々に私が言いたいのは、次のとおりです。

  • ジュニアチームなど下の学年からチームがあるスポーツは経験者が豊富にいる場合が多く、初心者だと劣等生になる確率が上がるので、部活選びの際には気をつけましょう。
  • 入る部活を間違えたと思ったら、とっとと辞めて別を探しましょう。傷は浅い方が治りも早いです。

もちろん初心者で新しく始めても、優しく教えてくれる人たちも、部活も、存在します。私が、大学でやってたソフトテニス部の皆さまがそうでした。人間関係が良ければ多少のキツいことも耐えられます。

でも、万一ブラックな部活に当たってしまった場合は、我慢なんかしなくてもいいんだよー、と新入生にエールを送って終わりにいたします。