読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮植譚~クレウエタン はてな支部

暮植譚~クレウエタン 暮らしに植わる言説 https://kureuetan.com のサブブログです。こちらは雑記メインで書き綴ります。

引っ越しを重ねると失うもの

f:id:kureuetan:20170412072307j:plain

お題「引っ越し」

 

はてなブログ使い始めたばかりの私。お題スロットというのを押したら、「引っ越し」というお題が出てきたので、本日は引っ越しの話をしてみます。
 
スペインきて既に14年目になりますが、その間引っ越したのは2回のみ。14年で2回というのは、私にしては少ない方と思います。というのも、18~27歳までの10年間を東京で過ごしたのですが、その間、6回も引っ越ししているんです。
今、思い返しても、よくあれだけ引っ越したよなぁ、と。あれが若さってやつでしょうか。
 
そこで、引っ越しを重ねることで、失ったものを考えてみたいと思います。
 

お金

当たり前ですが、引っ越しはお金がかかります。私も会社の借り上げ社宅に入った時と、大家さんの事業が失敗してアパートが競売にかけられた時(急なことだったので結構な額の慰謝料をいただきました)以外は、敷金、礼金ががっつり出ていきました。引っ越し業者に払う数万円もいたい出費。引っ越した先の家具や家電、カーテンのサイズが合わなければ、買い換えないといけません。引っ越しを重ねるとその都度お金を失うことになります。
 

馴染みのお店や人

近所にどういうお店があるかがだんだん分かってきて、行きつけの美容院、喫茶店、スーパー、コンビニ、レストラン、そういうのが増えていきます。ご近所が縁でお友達になる人もいるでしょう。引っ越しをすると、それが一旦リセットされます。
 

使わなくなった服や雑貨

引っ越しをする際には当然すべてのものを段ボールなどに梱包しないといけません。なので、服や雑貨で不要なものは新居に持っていかず、捨てることになります。結果的に多くの使わなくなったモノを失うことになります。
 

得るものだってある

使わなくなった服や雑貨を失うとうことは、プラスの面にも作用します。
引っ越しの際に、断捨離作業が必然的に発生するのです。引っ越しを重ねると頻繁にこのプロセスが発生するため、持ち物がどんどんすっきりとなっていきます。
旅なれた人がスーツケースに短期間で旅に必要なものを詰め込めるように、早いペースで引っ越しの段ボールを梱包できるようになります。
 

結局…

私が今のところに住みはじめて10年目。持ち物も結構増えてきました。定期的に整理整頓をして、不要なものを捨てるようにしていますが、引っ越しみたいに家ごと大整理というわけではないので、どうしてもモノが溜まっていってしまいます。

モノを整理するために引っ越すというのは本末転倒ですが、服を着替えるみたいに軽やかに引っ越しをしていた20代だった頃の私が、ときおり懐かしくなるのでした。